2008年MLB 実況後記

2008/9/7 MINツインズ VS DETタイガース


3連戦ゲーム2@メトロドーム
(解説 武方浩紀さん)

東海岸で発生した台風“ハンナ”の影響で、予定されていたメッツ対フィリーズが中止になったため、急遽ツインズ対タイガースに差し替えて放送した。

試合は、8回表にグランダーソンとオルドネスがそれぞれ2ランホームランを放ってタイガースが逆転し、ツインズに6対4の逆転勝利を収めた。

首位ホワイトソックスを1.5ゲーム差で追いかけ負けられないツインズは、2点ビハインドの9回裏に1アウト満塁のビックチャンスを作るも、守護神ロドニーの前に3番のジョー・マウアーが空振り三振、4番のジャスティン・モーノーはセカンドライナーに倒れてゲームセットとなった。

気の毒だったのは、ツインズ先発のスコット・ベイカー。

ベイカーは7回まで3安打、2失点と力投したが、8回表にワンアウトを取った後、この日4個目となる四球を許した時点で球数が100球を越えたため交代を告げられ、その直後に2番手デニス・レイエスが1番グランダーソンに2ランを被弾し、同点にされた。

3番手としてマウンドに上がったゲリアーも、2番ポランコにシングルを許したあとに3番オルドネスに2ランを浴び、不調なリリーフ陣がまたしても4失点で逆転を許し、黒星を喫した。

これでシリーズは1勝1敗となった。