2008年MLB 実況後記

2008/4/27 SDパドレス VS AZダイヤモンドバックス


3連戦ゲーム2@ペトコパーク(解説 元MLBスカウト 牛込惟浩さん)

延長13回裏、井口資仁選手がホームランを放って、パドレスが劇的なサヨナラ勝利を収めた。

打撃不振に陥り、昨日は先発を外された井口選手だったが、今日は7番セカンドで先発復帰.。
初回は四球、第3打席は井口らしいライト方向へのシングル、そして、第6打席に今季1号のサヨナラホームランを放ち、5打数2安打のマルチヒットで、復調の兆しを感じさせる内容だった。

ホームランを放ってベースを一周した井口選手は、ホームベースでチームメイトにもみくちゃにされて祝福されていた。

連敗をストップする価値ある一発で、チームの一員としても認められたようであった。

さて、混戦が予想されているナ・リーグ西地区だが、開幕からダイヤモンドバックスがスタートダッシュに成功して現在トップを走っている。(17勝7敗)

一方のパドレスは自慢のリリーフ陣の不調もあり、ここまで大きく出遅れている。(10勝15敗)

だが、今季4試合目となった延長戦で初めて勝利したパドレス(1勝3敗)は、明日のゲーム3も勝利してシリーズ勝ち越しを決め波に乗りたい。
井口の復調も大きなカギになってきそうだ。