2007年UG report

2007/03/01 2007 フロリダ取材 レポート NO.005


昨日に続いて、今日もヤンキースのキャンプを取材した。

2月の最終日となったこの日は、明日から始まるオープン戦に備え1時間半ほどの軽めのチーム練習で終了した。

松井選手は練習後の囲み取材で、”ひざも痛くないので去年の今頃より体調もいい”と記者団に語り、ここまでの調整は本人も納得しているようで明日からのオープン戦を楽しみにしている様子だった。

DHのジアンビ選手も、明日から始まる実戦練習を前に、”今年は体調がとてもいい、いいシーズンにするためには明日からのオープン戦もとても大事だ。とにかく、健康で開幕を迎えたい”と語り早々にクラブハウスを出て行った。

クラブハウスで、いつもチームメイトに将棋の手ほどきをしている新加入の井川慶選手は、“緊張はしないけど、興奮はしています”とヤンキースの一員となり、初めてのオープン戦が始まることへの期待は隠しきれない様子だった。

明日から、全30試合を戦うグレープフルーツリーグがフロリダで開幕する。
ヤンキースもホームにミネソタ・ツインズを迎え、いよいよスタートを切る。

メジャー登録が確定している松井やジアンビや井川にとっては、レギュラーシーズンの開幕戦に向けての調整の場となるオープン戦だが、それ以外のキャンプ招待選手やノンロスター選手にとっては、
これからがまさしくサバイバルの本番となる。
そして、この時期に必ず新たな才能が発掘されることも見逃してはならない。

さぁ、今年もどんなサプライズがあるか楽しみである。