2007年UG report

2007/02/26 2007 フロリダ取材 レポート NO.002


フロリダらしく見事に晴れ上がった取材初日は、セントピーターズバーグでスプリングトレーニングを行っているタンパベイ・デビルレイズに行ってきた。

デビルレイズ今年一番の注目は、ご存知、元ヤクルトスワローズの主砲。
WBC日本代表戦士、岩村明憲選手の加入である。

そんな岩村選手は、メジャー初キャンプ3日目とは思えないような存在感と、順応ぶりを発揮していた。

投手相手に行う実戦形式の打撃練習で、特にそれを感じられる場面があった。

キャンプが始まって間もないこの時期は、投手の仕上がりは打者をはるかに上回っている。
それを理解している打者も、結果をさほど気にする様子もなくマイペースで1球1球、淡々と自分のスウィングを確認しながら調整を行っていく。

岩村選手も、自分の順番がくると、日本のときからいつも練習で使用しているという、長くて、重い、マスコットバットを握って打席に立ち、次々とマウンドに上がるメジャー経験のほとんどない無名投手を相手に調整を行っていた。

今年新加入のスティーブ・アンドラーデ投手という無名の選手とマッチアップしているときだった。
アンドラーデ投手が投じるストレートに対し、岩村選手は徐々にタイミングが合いだしてきたのだが、最後の一球に鋭いスライダーを投じられ、岩村選手は完璧にバランスを崩し無様な空振りで三振に倒れてしまう。

その直後、岩村選手はアンドラーデ投手を指さしながら何かを叫んでいる様子で、それを遠くからみていると、冗談まじりに“お前、ストレートで勝負してこいよ!”と叫んでいるようだった。

練習後に岩村選手にそのことを聞くと、“いいスライダーをもっているじゃないか!”(もちろん英語)と叫んでいたのだという。
叫んでいた内容は、予想とは全く違ったが、その態度や風格は到底ルーキーとは思えないものであった。

新しい環境でもまったく臆することがない、本当に頼もしい日本人選手である。

“俺はメジャーの経験はまだないけど、日本での野球の経験はある。 
このチーム(デビルレイズ)は若い選手が多いから、自分がチームを引っ張っていくつもりで頑張りたい”
このメジャー級なマインドには本当に驚かされる。

毎年のようにア・リーグ東地区最下位に低迷しているデビルレイズにとって、岩村選手の加入はいい刺激をチームに与えることは間違いないようだ。

地元紙の報道によると、開幕予想は7番サードとなっている。
開幕シリーズは、敵地でのヤンキース戦。
レギュラーシーズン、どんな活躍をみせてくれるのか今から楽しみだ。

2007fr_01