2006年MLB 実況後記

2006/05/03 SEAマリナーズ VS MINツインズ


2連戦のゲーム2@メトロドーム(解説 藤澤文洋さん)

昨年の6月以来となる2シリーズ連続勝ち越しのマリナーズ。
今日も勝って3カード連続勝ち越しを目指したが、04年サイヤング投手、ツインズ先発左腕ヨハン・サンタナを打ち崩せず、5対1でツインズに敗れ、マリナーズの連勝は3でストップした。

勝って、連敗を4でストップしたツインズは、これでやっと今季10勝目(16敗)をあげた。

今日は勝ったが、ツインズは昨年からの課題だった得点力不足が全く解消されていない。

開幕からツインズの4番を打っていた新加入の指名打者、ロンデール・ホワイト(打率.132)も最近は、7番か8番の下位打順に降格している。
今日はタイムリーを放って、今季3打点目を記録したがホームランがまだ1本も打てていない。
長打力を期待されての補強だっただけに、ここまでは期待はずれとなっている。

野球選手は不調が続いても月が替わると、気持ちを切り替えやすいのだという。

ゴルフに例えると、最初のハーフで大叩きしても、後半のハーフでは気持ちを切り替えやすいのと同じメンタリティーなのだそうだ。

4月は9勝15敗と大きく負け越したツインズ。
5月は気持ちを切り替えて、いい波を捕まえたい。