2006年MLB 実況後記

2006/04/27 TEXレンジャース VS OAKアスレチックス


3連戦のラップアップゲーム@アメリクエストフィールド(解説 上田龍)

ここ5試合連続でホームランを放っているレンジャースのケビン・メンチ選手が、レンジャースの球団新記録となる6試合連続ホームランを打てるかに期待がかかったが、そのケビン・メンチは見事、その期待に応えてくれた。

レンジャース、1点ビハインドで迎えた4回裏の攻撃。
満塁の場面でメンチ選手に打席が回ると、代わったばかりのキコ・カレーロ投手からレフトスタンドにライナーで飛び込むをグランドスラムを放ったのだ。

6試合連続となる今季第6号ホームランを放ったメンチは、これで今シーズン20打点目を挙げた。(今季2本目の満塁弾)
メンチは今、まさに“レッド・ホット”ここわずか6試合で、全20打点のうちの19を荒稼ぎしている。

ケビン・メンチ選手はスタープレイヤーではない。
でも、ファンに強烈なインパクトを与える、“記憶に残る”選手だ。

昨年も、メジャー史上7人目となる3イニング連続ホームラン(vsLAA 6/30/05)という、珍しい記録も達成してる。
この調子で、メジャーリーグ記録の8試合連続に挑戦して欲しい。

試合は、メンチの活躍も空しく、レンジャースが逆転負け(6対4)、クローザーのフランシスコ・コーデロが今季5度目のセーブ失敗。

いよいよ、レンジャースのクローザーは日本代表クローザー、大塚晶則投手が昇格しそうである。