2005年MLB 実況後記

2005/06/07 STLカージナルス VS BOSレッドソックス


メジャーは、今日からインターリーグ第2ラウンド。

昨年のワールドシリーズのリマッチ3戦シリーズの第1戦を、牛込唯浩さんとのコンビでお伝えした。

今日の注目は、昨年までの6年間カージナルスに在籍し、このオフにFAでレッドソックスに移籍した、エドガー・レンテリア遊撃手。

昨年のワールドシリーズ優勝決定戦となった第4戦の最終打席以来、初めてブッシュスタジアムに戻ってきたレンテリア選手は、カージナルスファンのブーイングとスタンディングオベーションが入混じるリアクションに迎えられた。
正確に表現すると、先にブーイングが起こってから、スタンディングオベーションに変わっていったという感じだった。

6年間、いつも全力でチームに貢献してきたのにもかかわらず、まずブーイングで迎えられたことに気落ちをしたのか今日のレンテリア選手は全く冴えなかった。
むしろ、このゲームはカージナルスに新加入したデービット・エクスタイン遊撃手が主役の座を奪った。

レンテリア選手は、2併殺打を含む4打数ノーヒット、守備でも失策を犯してチームの足を引っ張ったのとは対照的に、エクスタイン選手は5打数3安打、3打点の活躍で勝利に貢献し、守備も、レンテリアの2本の併殺打に絡んで、満員のブッシュスタジアムの観衆に拍手喝采を浴びた。

試合前の報道で、カージナルスのラルーサ監督がレンテリア選手について、”レンテリアはブーイングに強いタイプの選手ではない”と記者に語ったことが、もしかすると、カージナルスファンのブーイングを煽った結果になったのかも知れない。

明日の第2戦も、スカパー!で出村義和さんとのコンビでお伝えする。